ピエールピエール

pierre et pierre - ピエールピエール -


pierre et pierre はフランス語で「石と石」という意味です。

私たちは宝石という名の「石」に携わっています。


石は、長い年月を経て美しい宝石になるまで磨かれ、光り輝いていきます。

様々な形・色、また輝き方もそれぞれです。


そして石は、生き物ではありませんが、その「希少性」や「永遠性」が時折

「人」と重なり合って見えることがあります。人の輝き方もそれぞれ。


違う個性を持つ「人と人」が繋がることで新しい力が生まれるのと同様

「石と石」も合わさることでまた新しい輝きを放ちます。


pierre et pierre は、「それぞれの個性の尊重」

その個性を合わせることで生まれる「新しい可能性」がテーマ。


日本一の宝飾産地である山梨県の優れた研磨技術により研磨された

宝石を合わせることにより生まれた新しい輝きを放つジュエリーです。




8種類の石から組み合わせを選べます。

※天然石のため、石によってそれぞれ個体差があります。色はイメージです。


☆pierre et pierre カスタムオーダーの流れ

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

20商品中 1-18商品

大寄智彦 宝石研磨士

宝石研磨士大寄智彦経歴:1979 年3 月5 日生まれ。初代( 祖父)芳清、2 代目( 父)芳朗と続く貴石彫刻オオヨリの3 代目。山梨県立宝石美術専門学校で宝石貴金属加工学科卒業後、家業の貴石彫刻業に従事する。

その後、山梨県知事賞、甲府市長賞など受賞歴多数。貴石彫刻の技術により、デザイン画を元に要望の宝石を製作している。薔薇、桜など様々な花を宝石で製作する事も得意としている。

ブランド展開も始め、2014 年、工房併設の直営ショップ「TO LABO」をオープン。山梨県知事認定ジュエリーマスターの資格を最年少にて取得。山梨県立宝石美術専門学校の非常勤講師も勤めている。